MENU

廃車登録はいつまでにすれば自動車税はかからないのでしょうか?

自動車税は4月1日時点の所有者について普通車では都道府県から、軽自動車では市町村から徴収されます。
5月の連休明けくらいに一斉に納税通知書が発送されます。
ですのでこの4月1日になる前に車を手放していれば課税はされないということになるのです。
逆に4月1日時点で車を所有していれば、その後で車を手放したとしても自動車税は請求されるのです。

 

請求されないためにも3月中に車を手放して、廃車手続きが完了しているか、廃車のための抹消登録の手続きが完了している必要があります。

 

一般的には自分で廃車手続きをする人は少ないでしょう。
多くの人はディーラー下取りや、中古車買取の手順の中で廃車手続きを依頼することになると思います。
これで実質的には廃車費用の負担をすることなく廃車手続きができるのです。

 

気をつけなくてはいけないのは自分で廃車の手続きをする場合です。
3月は4月1日までに廃車にしようとする業者や個人で処理場が混雑します。
ですから、当日手続きということが困難になるのです。処理場で解体をしてナンバープレートを陸運局に持っていって初めて廃車手続きが完了となります。ですから処理場で日にちがかかってしまって3月を過ぎて4月に入ってシマッタと言うことも十分にありえるのです。ですから、行動は早め早めにしたほうがいいのは間違いありません。

 

 

一時抹消登録をする理由って何?どんなときにするの?

廃車登録には永久抹消登録と一時抹消登録の二つの方法があります。
一般的な廃車登録となると前者の永久抹消登録になります。
その一方の一時抹消登録というのは普通の人には馴染みの少ない方法です。
これは一時的に廃車した形にして課税を免れるためのものです。
どういうことかというと、車の持ち主でありながら海外赴任など数ヶ月以上日本にいない場合あるいは数年単位で日本にいない場合など車を一時的な廃車状態にしておくのです。
そうすることによって課税を免れることができて、税金を徴収されることがなくなります。
車を持っている人で海外赴任をするということになればその期間によっては一時的抹消登録をしたほうがいいのです。
帰国すればその抹消登録を解除すればすぐに車に乗ることができます。

 

もっとも車検をまた受け直さなければいけませんし、この一時抹消登録をするメリットというのは乗らない期間が明確になっているときだけでしょう。

 

ただし、この一時抹消登録を多用する中古車販売店もあります。
車検受け渡しが条件となりますが、売れ筋ではない車をナンバー付きで販売するのもいつ売れるのかわからないですから、常に在庫状態ということでその費用も馬鹿になりません。販売店といえども車の税金はかかってきますから、長期在庫が考えられる車については一時抹消登録をしておいたほうが得策ともいえます。

このページの先頭へ