MENU

買取に出すと事故車はわかってしまう?

一般的に中古車の査定というものは、年式でまず大方の査定額を決めます。
そして実車を見ての本査定では、最初の仮査定額からの減点方式の形で最終的な買取り査定額が決まるのです。
ですから、仮査定額が60万円としたら、いろいろガタが来ている部分を指摘されて実際の買取り価格が40万円あるいは半額の30万円になるということはザラです。
最初から大きく査定額を下げてしまう要因で考えられるのは事故などを起こした車です。
運転中にちょっとこすったといった程度やへこんだという程度では意外なことにそれほど査定に響くことはありません。買取り業者もほとんどは自前の工場あるいは提携の工場を持っているのでそこで修理をすれば実費で済むからです。
それでも大きな事故になるとそうはいきません。それを完全に修復したとしてもプロの査定士の目はごまかせません。一般の人が修理工場に持ち込んで完璧に修理をしたとしてもそれは簡単に見破られてしまうのです。
ですから、買取り査定の際に事故車を修復したようなことがあればばれる前に自分から言っておいたほうがいいです。言わば自己申告ですね。
また、簡単な修理などは前もって自分で修理工場などに依頼して修理したほうが高査定につながると勘違いする人がいます。
自費で修理してそれ以上の査定額が出ればいいのですが、絶対に損をする形となりますから、それは止めておきましょう。修理したお金以上のリターンがあることは絶対にないのです。
このあたりはよくありがちなので注意したほうがいいですね。
結論から言うと、修理をしないと自走できないような事故車の場合は修理歴を自己申告します。
ちょっとしたへこみや傷などはそのままの状態で査定に出してもそれほど影響を受けることあありません。
以上のことを頭に入れて買取り査定を受けるようにしましょう。

このページの先頭へ