MENU

事故をした車の廃車買取査定額にどのくらい影響するのでしょうか?

事故をした車の下取りや買取と言っても、その状況は千差万別です。今現在事故を起こしてこれはもう車を買い換えるしかないという切羽詰まった人もいるでしょう。この場合はそれほど選択肢はありませんし、何よりも心に余裕がないので落ち着いて査定をしてもらうという状況ではないかも知れません。この場合はすぐに車を買い換えないと明日乗る車にも困ってしまいますし、修理するくらいなら車を購入した方がいいという状況です。
この場合のでイーラー下取りはまず期待できません。下取りは基本的に可動車のみの査定となるので事故をした車というのは査定ゼロとなるケースが多いです。
その場合は買取り専門業者のほうが多少でも買取り査定がつく場合があるので、事故を起こした場合はディーラーよりも買取り業者に連絡してみましょう。
また、もう一つのケースは以前に事故を起こして修復した車などの場合です。これは俗にいう事故修復車と呼ばれているものです。
これは過去に事故修復歴がある車のケースです。
一見するとどこを修理したのかわからないような車もあるでしょう。
しかし査定士の目はごまかせません。事故をして修理した車というのは100%わかるそうです。
小傷などの場合はいいのですが、大きな事故をして修理をした場合は買取り査定にあるいは下取り査定に出す場合はあらかじめ事故修復歴ありと査定士に申告したほうがいいでしょう。
黙っているのは嘘をついたことにはならないのかもしれませんが、どうせわかるのですから最初から申告しておいたほうがいいです。
それによって心証も変わってきます。黙っていて事故車であることがバレるほうが査定に響くことは間違いないのです。
事故車であると査定額に大きく響くことになります。
というのもバイクのヘルメットなどでも言えるのですが新品でも一度落として衝撃を与えてしまうとヘルメットの価値はその時点でなくなってしまいます。
車もそれと一緒で大きな衝撃を与えると車の骨格とも言えるフレームがゆがんでしまって次からの衝撃に耐えることができなくなってしまうからです。車としては欠陥品ということです。
欠陥品を販売することはできませんから査定額には当然響きますし、査定ゼロということも多いのです。
ですから結論として事故車は下取り査定はもちろん買取り査定にも大きな影響が出ることは間違いありません。

このページの先頭へ