MENU

自分で車を廃車にするより手軽な方法 

長年乗り継いできた車もいつかは手放すときがきます。
そのときの処分の方法にもいろいろあります。
10年以上乗っている車になると、価値はゼロで値段がつかないので廃車にするしかないと思ってしまいます。
これまでのように下取りに出す場合はそうでした。
むしろ、廃車費用はサービスでゼロにしてもらえてラッキーだと思ったものです。
それでも、それは一昔前の話で、今は多くの業者が独自の販売ルートを持っているのです。
ですので10年乗ったような車となるとディーラーでは査定がゼロですから、下取りに出してもお金にならないことが多いです。
しかし、上述したように多くの販売ルートが確立しています。
その販売ルートの中でももっとも注目されているのが海外への販売ルートです。
盗難した車が海外で走っていたというニュースもよく流れるくらいですから、多くの人が思っている以上に車を海外に輸出するというのはそれほど難しいものではないのかもしれません。
最も国内で廃車にしてしまえば、鉄の塊にしかすぎないのですから、輸出も簡単なのでしょう。もっとも一昔前はそのようなルール無視で強引に海外に売り飛ばされていたのです。
日本の車は多くの車関係者が言っているのですが、メンテナンスさえしっかりすれば10万キロとは言わずに20万キロでも元気に走るそうです。
国内であれば、10万キロも走ったような車はよほどのマニアか安物買いの人でなければ買わないでしょう。そもそも流通自体しないかもしれません。
そうなると10万キロで価値がなくなるといった国内市場では明らかにもったいないといえますし、実際は走行距離よりも年式で車の査定価値というものが決まる風潮のほうが国内では強いのです。
ですから、海外に販売ルートを持つような業者であればディーラなどでは下取りゼロ査定となるような車でもびっくりするような値段になるときがあります。
このような場合は下取りよりも買取の流れになってしまいます。

人によってはディーラーとのつきあいがあると思いますから下取りから新車購入の流れになると思います。
もっともそれよりも少しでも高く買取をしてもらってそれを元手にして新車購入したいという人もいるでしょう。
下取りと比較して時間と手間がかかりますが、お金の面では確実に買取のほうが得をすることは間違いありません。
また、下取り査定がゼロの場合であれば、買取専門業者に査定をしてもらう方法のほぼ一択と考えてもいいでしょう。
また、事故をして不動になった車でも買取をしてくれる業者がいます。すぐに廃車ということを自分で考えるよりも車のことならどんなことでも名古屋の業者に相談するようにしたらいいでしょう。

このページの先頭へ